キャンパスライフ Campus life

在学生の声

看護学科

看護学科の先生が
自分の道しるべ

看護学科3年生那波 知里

筑紫高等学校卒業(福岡県)

看護師である従姉が患者さんに優しく接する姿を見て、看護師を目指そうと決意しました。純真学園大学で学ぶうちに、健康に対する知識が深まり、人々の健康をサポートする保健師に魅力を感じるようになりました。現在は看護師に加え、保健師国家資格取得のため日々学習に取り組んでいます。私にとって一番身近な看護師の先輩である先生方は、臨床経験が豊富な先生ばかりなので、良いお手本となり、進路についても適切なアドバイスをくださいます。

放射線技術科学科

サポート面が充実しているので、
勉学に集中できます。

放射線技術科学科4年大久保 結衣

三養基高等学校卒業(佐賀県)

病気の早期発見や治療に貢献できる点に魅力を感じ、診療放射線技師を目指すようになりました。純真学園大学にはSG(スモールグループ)制度があるので、気軽に進路や勉学面に関して相談できます。SG担当の先生は、私の夢の実現をサポートしてくれる存在です。また、4学科合同の授業では、医療連携の大切さを学べるので、様々な人と出会い、考え方やそれぞれの立場を理解することができます。今後も視野を広げ、信頼される診療放射線技師になれるように勉学に励みたいです。

検査科学科

目的意識を持てば、今なにを
すべきかが見えてきます。

検査科学科3年吉田 芽生

香住丘高等学校卒業(福岡県)

医療人としての高い倫理観と使命感を持って、チーム医療で専門性を発揮できる臨床検査技師を目指しています。そのために純真学園大学で、ボランティアなどの活動を通して社会経験を積んだり、海外研修に参加し国際的視野を広げ、社会に貢献できる能力を身に付ける努力をしています。大学では「何のために学ぶのか」という目的意識がはっきりしているため、勉強することが楽しいと感じるようになりました。

医療工学科

海外研修がある
純真学園大学を選びました。

医療工学科3年桑田 沙也加

鞍手高等学校卒業(福岡県)

最新の医療に携わり、生命に直結する責任のある臨床工学技士という仕事に惹かれました。将来は国内だけでなく、海外での活躍を目指しているので、海外研修を通して異文化交流を体験できる純真学園大学を選びました。1・2年で基礎を学んでから応用へと進むため、スムーズに専門性を理解することができています。CE(クリニカル・エンジニア)講座では2年次から国家試験対策が始まります。先生方は、質問するとプラスαの知識を教えてくださるので、モチベーションの向上につながっています。