プロフィール

河村 誠治カワムラ セイジ

教授放射線技術科学科

職位

教授

学位・最終学歴

博士(医学:久留米大学)
博士(工学:九州大学)
九州芸術工科大学大学院応用情報伝達専攻(博士後期課程)

専攻・分野

応用情報伝達専攻・核医学検査技術学・医用画像工学

研究テーマ

SPECTやPETの画質向上に関する研究・核医学検査の被ばく低減に関する研究

担当科目

学部:核医学検査技術学Ⅰ、核医学検査技術学Ⅳ
大学院:保健医療研究方法論Ⅰ、保健医療研究方法論Ⅱ、医用画像解析・情報学演習、 医用画像解析・情報学特論、保健医療機器論

業績

【著書】

●共著:メディカルサイエンス 放射性同位元素検査学, 近代出版, 2016.

●共著:新・医用放射線技術実験臨床編第3版, 共立出版, 2016.

●PETおよびPET/CT検査技術の基礎(放射線医療技術学叢書(26)), 公益社団法人日本放射線技術学会, 2009.

●核医学における臨床技術(放射線医療技術学叢書(23)), 公益社団法人日本放射線技術学会, 2005.

●今日から使える放射線診療時の英会話, 2004.

【学術論文】

●共著:谷卓也, 河村誠治. 池末竜治, et al. 半導体光電子増倍器(SiPM)搭載のPET/CTにおける肝SNRを用いたPET画像に関する研究 . 純真学園大学雑誌; 11:99-110,2021

●共著:赤松清臣, 河村誠治. 心筋SPECT画像のpolar mapにおける11時方向のアーチファクトに関するシミュレーションを用いた研究 . 純真学園大学雑誌; 9:9-14,2019

●共著:長木昭男, 杉本勝也, 西村圭弘, et al. 小児核医学検査における99mTc-DMSAシンチグラフィの適正投与量の検証を目的とした画質評価ファントムの開発. 日本放射線技術学会雑誌; 73(12): 1197-1206, 2017

●共著:中村圭佑, 河村誠治, 小林龍徳, et al. ディジタルファントムを用いたSPECT収集条件およびFBP再構成条件の研究. 純真学園大学雑誌; 5:81-88,2015

●共著:Seiji Kawamura, Yuuki Matsutake, Takeyuki Hashimoto, et al. Study on the use order of subsets in OSEM Method. Journal of Junshin Gakuen University; 49-55, 2011,

【その他】

臨床技術講座 脳核医学およびfMRIにおける統計学的画像解析法.
臨床技術講座 PET検査における全体的品質管理について.
教育講座 技師が書く技師のための読影講座―全身撮像に関する核医学検査.
誌上講座「画像再構成-逐次近似画像再構成の基礎-」核医学検査技術の変遷 アナログガンマカメラからディジタルガンマカメラ、SPECT/CT、PET/CT、PET/MRI、更なる発展へ

メッセージ

皆さんの夢は何でしょう。国家試験に合格し診療放射線技師として働くこと、大学院に進むこと、放射線取扱主任者試験に合格することでしょうか。若い皆さんがその気になれば何でも出来る筈です。そのためのお手伝いをさせてください。故事に『為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり。』の意味は、強い意志を持って物事に臨めば必ず成就するということ、やる気の大切さを説いたものです。皆さんもこの気持ちをこれからの大学生活そして人生において忘れることなく頑張ってもらいたいと思います。大きな夢を持って一緒に頑張りましょう。

PR

【保有資格】

診療放射線技師、第一種放射線取扱主任者免状、医学物理士、核医学専門技師、エックス線作業主任者

【所属学会】

日本放射線技術学会、日本核医学会、日本医学放射線学会、日本医学物理学会、日本診療放射線技師会、日本医学物理士会、日本核医学技術学会、医用画像情報学会

【学会および社会における活動】

●学会活動:日本核医学技術学会評議員、日本核医学技術学会九州地方会理事

【研究費獲得状況】

●基盤研究(C)(一般) 研究分担者「新しい半導体検出器を用いた大視野汎用型SPECTの開発に向けた基礎研究」2016年~2018年

【その他】

日本放射線技術学会より技術奨励賞核医学分野受賞
日本核医学技術学会より感謝状授与
福岡県知事表彰
日本放射線技術学会より宿題報告発表記念賞授与
日本放射線技術学会より平成29年度功労賞授与