プロフィール

松井 智浩マツイ トモヒロ

准教授検査科学科

職位

准教授

学位・最終学歴

博士(保健学:東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻)

専攻・分野

免疫学、神経免疫学、麻酔科学

研究テーマ

脳低温療法による脳保護治療の更なる確立を目指した研究

担当科目

学部:免疫学、免疫検査学、輸血・移植検査学、免疫検査学実習、輸血・移植検査学実習、卒業研究
大学院:病因・生体防御検査特論、病因・生体防御検査演習病理検査学・実習、細胞診学・実習

業績

【著書】

●最新臨床検査学講座/免疫検査学(医歯薬出版)(共著)(2017~)

●臨床検査学実習書シリーズ/輸血・移植検査学実習書(医歯薬出版)(共著)(2016~)

【学術論文】

●Matsui T, Yoshida Y. Reduced perforin release from T cells as a mechanism underlying hypothermia-mediated neuroprotection. Clin Exp Neuroimmunol 11: 57-64, 2020.

●Matsui T, Yoshida Y. Reduction of the expression and production of adhesion molecules and chemokines by brain endothelial cells in response to tumor necrosis factor-α and interleukin-17 in hypothermia. Clin Exp Neuroimmunol 7: 174-182, 2016.

●Matsui T, et al. Hypothermia reduces but hyperthermia augments T cell-derived release of interleukin-17 and granzyme B that mediate neuronal cell death. Neurocrit Care 23: 116?126, 2015.

●Matsui T, et al. Hypothermia at 35°C reduces the time-dependent microglial production of pro-inflammatory and anti-inflammatory factors that mediate neuronal cell death. Neurocrit Care 20: 301-310, 2014.

●Matsui T, et al. Effects of hypothermia on ex vivo microglial production of pro- and anti-inflammatory cytokines and nitric oxide in hypoxic-ischemic brain-injured mice. Folia Neuropathol 52: 151-158, 2014.

メッセージ

頑張る皆さんをずっと応援します!
本学で大学院(修士課程)まで進み、東大や京大の大学院(博士課程)に進学し、海外留学してみませんか?きっと楽しいですよ!
その後、本学に教員として戻って来て、盛り上げてください!!

PR

【保有資格】

臨床検査技師

【所属学会】

日本臨床衛生検査技師会
日本脳低温療法・体温管理学会
日本神経免疫学会

【研究費獲得状況】

●基盤研究(C)(代表)「時系列的免疫細胞と脳血管内皮細胞連関による脳障害機序にω3系脂肪酸が及ぼす影響」2019年~2022年

●基盤研究(C)(代表)「Neurovascular Unitの温度応答からみた脳低温による脳保護機構」2016年~2018年

●基盤研究(C)(代表)「脳低温による脳保護効果と免疫細胞の時系列的IL-23-IL-17産生との関連」2013年~2015年

●若手研究(B)(代表)「TLR活性化と低酸素刺激とのクロストークによる
マイクログリア制御と低温・高温効果」2010年~2012年

●若手研究(B)(代表)「低酸素誘発活性化マイクログリアによるニューロン障害の温度依存的応答」2008年~2009年