大学案内 About us

学長・副学長メッセージ

最先端の知識・技術と
「気品」「知性」「奉仕」の精神を
兼ね備えた医療職者を

純真学園大学 学長 福田 庸之助

純真学園は、昭和31年の創設以来六十有余年の歴史を有しております。学園祖福田昌子は、ヒスタミンの研究により女性として当時最年少で医学博士となり、臨床の現場を経て、戦後は国政の場において、現在の臨床検査技師等に関する法律の前身である衛生検査技師法や優生保護法を議員立法するなど、医療・健康の分野において少なからぬ功績を残してまいりました。教育の現場に身を置いた後は、私学としては日本で最初の高等学校衛生看護科を設置し、また、メディカルエンジニアリング教育に関しても他に先駆けて取り組み、今日に至るまでその伝統は本学園の中に脈々と息づいております。

学園祖福田昌子の生誕百年を迎えるにあたり、本学園は平成23年4月より純真学園大学を新設し、看護学科、放射線技術科学科、検査科学科、医療工学科からなる保健医療学部を開設いたしました。医療が複雑化高度化し、チーム医療が重視される今日、優れた医療技術者の必要性はますます高まっております。私ども純真学園大学は、時代の要請にこたえ優れた医療技術者を育成するとともに、学園訓である「気品」「知性」「奉仕」を体現しうる人材の育成に取り組んでまいります。

純真学園大学の教育の特色は、専門性の追求と複眼的な視点の涵養にあります。すなわち、学科の専門的な知識を修得しつつ、医師や他の医療技術者の視点を学ぶことができるようなカリキュラムの工夫をしております。それはまた、良師良友との切磋琢磨の場にもなろうかと思います。福岡市内中心部に近く利便性に優れたキャンパスと充実した教育環境を持つ本学において自らの夢の実現のスタートを切っていただきたいと思います。

純真学園大学 副学長兼研究科長 村中 光(医学博士)

近代医療は科学技術とともに高度化し発展してきましたが、一方で医療経済と医療制度とのバランスを含め様々な問題点が顕性化し、大きな転換点を迎えています。持続可能な医療制度構築を目指す改革が進むなか医療サービスや医療介入のあり方が議論され、医療従事者の役割、働きかたが変化していくと同時に必要とされる資質もかわっていくことが予想されます。

こうした状況を踏まえ本学では九州を代表する高度医療施設である国立病院機構九州医療センターとの密接な連携による、最先端医療・チーム医療の知識と技術の修得、高度な専門性を有する医療従事者や教育者・研究者を育む大学院の開設、基盤整備、職種の枠を超えた連携能力を養うインタープロフェッショナル(多職種連携)教育を実施、さらに、学園訓である「気品」「知性」「奉仕」の精神を具現化した「純真学」、こうしたカリキュラムを通じて、自らの専門分野の追求と他職種の理解を深め、豊かな人間力を兼ね備えた優秀な医療人の育成をめざしています。

現在、本学キャンパス内では、さらなる教育の充実を図るため「医療実習新棟」を建設中です。純真学園大学は比較的若い医療系大学ですが、このような情勢変化をみすえ対応する人材育成を実現すべく日々進化しています。