保健医療学部 放射線技術科学科

4年間の流れ

保健医療学部では、インタープロフェッショナル教育を取り入れており、4年間でチーム医療に必要な役割や専門性を学んで行きます。

●インタープロフェッショナル教育とは・・・
各種の医療専門職がチームとして連携していくために、実践の現場に出る前の養成段階で、各職種間の協力・協調の必要性を学ぶ教育です。→詳しくはこちら

1年時

医療人としての基礎を固める
基礎がしっかりしてこそ高度な知識が備わります。1年次では、医療人としての意識、医療を学ぶ動機付け、及び医療連携の基礎など、豊かな人間性養成を重点とし、一般教養科目を中心にカリキュラムが組まれています。

カリキュラム

●教養教育科目
基礎物理学/基礎化学/統計学/英語Ⅰ・Ⅱ/ライフサイエンス入門/情報処理入門 /心理学/ジェンダー論/暮らしの中の救急法 など
●共通専門科目
生命・医療倫理学
●専門基礎科目
応用物理学/応用数学/応用生物学/応用化学/解剖学(人体構造学)Ⅰ・Ⅱ/生化学/病理学/公衆衛生学/医用電子工学/診療放射線技術学概論 など
インタープロフェッショナル教育
医療連携の基礎

2年時

基礎知識を修得する
放射線を学ぶ上での基礎となる、物理系科目、基礎医学科目を中心に教授し、実習によって理解を深めます。これらの科目は3、4年次の専門分野科目に不可欠な基礎となるので特に重要です。

カリキュラム

●教養教育科目
英会話Ⅰ・Ⅱ など
●共通専門科目
人間工学/臨床心理学/生活と健康
●専門基礎科目
生理学/医療文献講読Ⅰ~Ⅲ/医用電気・電子工学実験/医療情報学/放射線生物学/放射線物理学Ⅱ/放射化学/放射計測学実験/科学技術計算特論/放射線計測学 など
●専門科目
診療画像解剖学Ⅰ/診療画像機器工学Ⅰ~Ⅲ/診療画像技術学Ⅰ・Ⅱ/診療画像技術学実験Ⅰ/臨床核医学総論/核医学検査技術学Ⅰ/放射線腫瘍学/放射線治療機器学/医用画像写真学/医用画像工学 など
インタープロフェッショナル教育
チーム医療論Ⅰ

3年時

放射線診療の心構えを養う
診療放射線技術学の主要科目を教授します。
専門性の高い講義や臨床実習を通して、診療放射線技師として必要とされる高度な専門技術を身につけると共に、臨床実習では医療技術者となるべく、患者接遇術などについても学びます。

カリキュラム

●専門基礎科目
医療安全学/高齢者医療/看護学概論/救命救急医療/放射線化学実験 など
●専門科目
診療画像技術学演習/核医学検査技術学演習/放射線治療技術学/放射線治療技術学演習/医用画像情報学/医用画像工学実験/放射線安全管理学/放射線安全管理学実験/放射線関係法規Ⅰ・Ⅱ/放射線科学特別講義 など
  • 臨床実習
インタープロフェッショナル教育
チーム医療論II

4年時

ペイシェント・ケアを実践する
臨床実習と卒業研究を行います。
3年次に行った臨床実習に引き続き、放射線治療・核医学検査などの臨床実習で実際に患者さんに触れ、知識や技術の確認と修得を行い、高度なペイシェント・ケアを体験します。

カリキュラム

●共通専門科目
予防医学概論/国際保健学
●専門基礎科目
放射線機器安全管理学/放射線科学演習/医療マネジメント
  • 臨床実習
  • 卒業研究
インタープロフェッショナル教育
総合チーム医療

在学生の声

在学生の声

大学案内
看護学科
放射線技術科学科
検査科学科
医療工学科
ページの先頭へ
大学案内
建学の精神とシンボルマーク
学長・副学長メッセージ
沿革
3つのポリシー
図書館
情報公開
学部・学科
看護学科
放射線技術科学科
検査科学科
医療工学科
就職・資格
就職支援
就職・国家試験実績
資格一覧
メッセージ
キャンパスライフ
キャンパスマップ
フロアガイド
年間行事
Q&A
在学生の声
学生寮
入試情報
入試概要
学費・奨学金
オープンキャンパス
進学説明会