保健医療学部 看護学科

4年間の流れ

保健医療学部では、インタープロフェッショナル教育を取り入れており、4年間でチーム医療に必要な役割や専門性を学んで行きます。

●インタープロフェッショナル教育とは・・・
各種の医療専門職がチームとして連携していくために、実践の現場に出る前の養成段階で、各職種間の協力・協調の必要性を学ぶ教育です。→詳しくはこちら

1年時

医療人としての基礎固め
1年次では、特に教養教育科目・専門基礎科目の学習を中心に、人間、 社会、自然科学についての理解を 深めていきます。また、それらを通 して社会人としての態度を身につ けていきます。

カリキュラム

●教養教育科目
基礎生物学/基礎化学/統計学/英語Ⅰ・Ⅱ/ライフサイエンス入門/情報処理入門 /心理学/ジェンダー論/暮らしの中の救急法 など
●共通専門科目
生命・医療倫理学
●専門基礎科目
形態機能学Ⅰ・Ⅱ/栄養・代謝学/医学概論/病理学/臨床薬理学/健康科学/ヘルスプロモーション入門/公衆衛生学 など
●専門科目
看護学概論/フィジカルアセスメント技術/日常生活援助技術/成人看護学概論/小児看護学概論/精神看護学概論 など
インタープロフェッショナル教育
医療連携の基礎

2年時

看護の基礎知識・技術の修得
2年次では、特に専門科目を中心に、1年次に学んだ基礎知識を発展させ、発達段階別、健康障害別の専門的な看護知識を深めていきます。
また、基礎看護学実習において、一人の患者さんを受け持ち、基本的な看護援助を実践します。

カリキュラム

●教養教育科目
英会話Ⅰ・Ⅱ など
●共通専門科目
人間工学/臨床心理学/生活と健康
●専門基礎科目
リハビリテーション概論/感染免疫学/医療英語/疫学/保健医療福祉行政論Ⅰ・Ⅱ/社会福祉論 など
●専門科目
診療の補助技術/看護過程展開技術/臨床看護総論/成人看護援助論Ⅰ・Ⅱ/老年看護学概論/老年看護援助論Ⅰ/母性看護学概論/母性看護援助論Ⅰ・Ⅱ/小児看護援助論Ⅰ/精神保健看護学/公衆衛生看護学概論/在宅看護論 など
  • 臨地実習
インタープロフェッショナル教育
チーム医療論Ⅰ

3年時

看護実践の展開能力の修得
3年次の前期では、2年次に引き続き専門的な看護知識を深めていきます。そして後期より専門領域の実習に入り、今までに講義や学内の演習で学んだ知識・技術を統合し、発達段階別、健康障害別の看護を実践する能力を養います。

カリキュラム

●専門基礎科目
関係法規/地域保健環境論
●専門科目
成人看護学実習Ⅰ/老年看護援助論Ⅱ/小児看護援助論Ⅱ/精神看護援助論/在宅看護援助論/公衆衛生看護援助論/看護研究
  • 臨地実習(学外実習)
インタープロフェッショナル教育
チーム医療論II

4年時

よりよい看護の追求
地域看護学や在宅看護を通して、 個人の健康度を高める保健活動や 地域の健康問題に対応できるよう にヘルスケア能力を高め、看護研 究や看護実践を通して看護の統合 ができる人材育成を目指します。 また、保健・医療・福祉領域の多職 種との連携や役割機能を調整し 「総合チーム医療人」として形成す る能力も学んでいきます。

カリキュラム

●共通専門科目
予防医学概論/国際保健学
●専門基礎科目
基礎遺伝子学
●専門科目
看護管理・医療安全/救急医療/災害看護論/国際看護論/看護教育論 など
  • 臨地実習
  • 卒業研究
インタープロフェッショナル教育
総合チーム医療

在学生の声

在学生の声

大学案内
看護学科
放射線技術科学科
検査科学科
医療工学科
ページの先頭へ
大学案内
建学の精神とシンボルマーク
学長・副学長メッセージ
沿革
3つのポリシー
図書館
情報公開
学部・学科
看護学科
放射線技術科学科
検査科学科
医療工学科
就職・資格
就職支援
就職・国家試験実績
資格一覧
メッセージ
キャンパスライフ
キャンパスマップ
フロアガイド
年間行事
Q&A
在学生の声
学生寮
入試情報
入試概要
学費・奨学金
オープンキャンパス
進学説明会