保健医療学部 看護学科

人の「いのち」を支え、感性豊かな「看護師・保健師」を育成。

看護職者としての専門的知識、技術および態度を修得し、医療人の一員としてのコミュニケーション能力や高い倫理観を備え、社会に貢献できる看護師・保健師を育成します。

取得できる学位と資格

1

取得できる学位:学士(看護学)

2

看護師国家試験受験資格本学科の課程を修了すると、看護師国家試験の受験資格を得ることができます。

3

保健師国家試験受験資格(選択制)上記2に加えて、本学科の指定する科目を修了すると、保健師国家試験の受験資格を得ることができます(但し、保健師課程を履修できるのは10名とし、成績などによる履修者選考を行います)。
なお、保健師免許を取得するには看護師免許を持つことが必要です。

施設・設備

看護学科では、最新式のフィジカルアセスメントモデル、保育器および救急医療の対応機材などの充実した実習機材を揃え、学内でも十分な実技練習が行える環境を整えています。
(※画像をクリックすると拡大します。)


  • フィジカルアセスメントモデル

  • 保育器および光線治療ユニット

  • 在宅看護実習室

  • 救急医療

4年間の流れ

1年時

医療人としての基礎固め
1年次では、特に教養教育科目・専門基礎科目の学習を中心に、人間、 社会、自然科学についての理解を深めていきます。また、それらを通して社会人としての態度を身につけていきます。
インタープロフェッショナル教育
医療連携の基礎

2年時

看護の基礎知識・技術の修得
2年次では、特に専門科目を中心に、1年次に学んだ基礎知識を発展させ、発達段階別、健康障害別の専門的な看護知識を深めていきます。
また、基礎看護学実習において、一人の患者さんを受け持ち、基本的な看護援助を実践します。
  • 臨床実習
インタープロフェッショナル教育
チーム医療論Ⅰ

3年時

看護実践の展開能力の修得
3年次の前期では、2年次に引き続き専門的な看護知識を深めていきます。そして後期より専門領域の実習に入り、今までに講義や学内の演習で学んだ知識・技術を統合し、発達段階別、健康障害別の看護を実践する能力を養います。
  • 臨床実習
インタープロフェッショナル教育
チーム医療論II

4年時

よりよい看護の追求
地域看護学や在宅看護を通して、個人の健康度を高める保健活動や 地域の健康問題に対応できるようにヘルスケア能力を高め、看護研究や看護実践を通して看護の統合ができる人材育成を目指します。 また、保健・医療・福祉領域の多職種との連携や役割機能を調整し「総合チーム医療人」として形成する能力も学んでいきます。
  • 臨床実習
  • 卒業研究
インタープロフェッショナル教育
総合チーム医療
          

カリキュラム

看護学科のカリキュラムをWEBシラバスでご覧いただけます ※WEBシラバスは全学科共通です

WEBシラバス
WEBシラバスの利用法

実習先

実習予定先一覧

目指す進路

看護師
病院・医院などの医療機関
介護老人保健・福祉施設
訪問看護ステーション
看護の教育機関
事業所の医務室
企業・団体の研究機関
大学院進学 など
保健師
※左記に加え以下の仕事に就くことが可能です。
市町村・保健所などの行政機関
企業の産業保健活動
国際機関の保健活動

広い視野と高い倫理観のもと看護を実践し、社会に貢献できる人を育成したい

看護学科長 / 教授 西村 由紀子

純真学園大学は、「気品」「知性」「奉仕」を理念としていますが、これら3つは同時に人聞が共通に目指す生き方とも言えるのではないでしょうか。そのため、本学での学生生活は、職業人としては勿論、社会人としての豊かな基礎づくりをする場であり、ここでの4年間は、ひとりひとりの人生の中でも将来を価値づける重要な期間であると考えます。
看護職には、看護師の他保健師や助産師などがありますが、本学では看護師と選択制で保健師資格の取得を目指します。看護職は、人間の生涯を通じて健康という視点から専門的な 知識や技術を用いて予防、維持、回復、増進そして苦痛の緩和をはかっていくものです。
ナイチンゲールは、「この世の中に看護ほど無味乾燥どころかその正反対のもの、すなわち、自分自身は決して感じたことのない他人の感情のただなかへ自己を投入する能力を、これほど必要とする仕事はほかに存在しないのである。」と述べていますが、看護は、相手の状況をよく理解しながら相手との相互作用を通してその人にとっての最良を創造していくという極めて個別的、知的な取り組みであると言えます。またその関わりは、看護を必要としている人に安楽や自立といった効果をもたらすだけではなく、看護者自身の成長にもつながるものです。
保健医療福祉という健康や幸福な人生を送るうえでなくてはならない機能は、近年大きな変革の時期を迎えています。これから看護は、さまざまなチームのコーディネーターとしての更なる期待を担っていくことは間違いのないことです。医療の4学科が連携し、医療人に不可欠なチーム医療について実践的に学んだ質の高い学生の育成を目指す本看護学科で共に学んでいきましょう。

在校生の声

大学案内
看護学科
放射線技術科学科
検査科学科
医療工学科
ページの先頭へ
大学案内
建学の精神とシンボルマーク
学長・副学長メッセージ
沿革
3つのポリシー
図書館
情報公開
学部・学科
看護学科
放射線技術科学科
検査科学科
医療工学科
就職・資格
就職支援
就職・国家試験実績
資格一覧
メッセージ
キャンパスライフ
キャンパスマップ
フロアガイド
年間行事
Q&A
在校生の声
学生寮
入試情報
入試概要
学費・奨学金
オープンキャンパス
進学説明会