保健医療学部 医療工学科

4年間の流れ

保健医療学部では、インタープロフェッショナル教育を取り入れており、4年間でチーム医療に必要な役割や専門性を学んで行きます。

●インタープロフェッショナル教育とは・・・
各種の医療専門職がチームとして連携していくために、実践の現場に出る前の養成段階で、各職種間の協力・協調の必要性を学ぶ教育です。→詳しくはこちら

1年時

医療人としての基礎力養成
1年次は社会人として必要となる教養科目を中心とした履修を行います。解剖学や臨床医学総論、基礎生物学、生命・医療倫理学など医療人として必要となる基礎医学系科目についても学びます。また、臨床工学技士に必要となる基礎的な数学や物理系科目なども履修します。

カリキュラム

●教養教育科目
基礎生物学/基礎数学/統計学/英語Ⅰ・Ⅱ/ライフサイエンス入門/情報処理入門 /心理学/ジェンダー論/暮らしの中の救急法 など
●共通専門科目
生命・医療倫理学
●専門基礎科目
臨床医学総論/解剖学/公衆衛生学/医学概論/電気・電子工学概論/直流電気回路/電気数学/応用数学/応用物理学/情報処理工学
●専門科目
医用工学
インタープロフェッショナル教育
医療連携の基礎

2年時

専門基礎科目の修得
2年次では、主に生理学や生化学の医学系科目とともに、医療機器の操作や管理に必要となる生体物性論、医用機器学、電気・電子回路、医用機械工学など医用工学系の科目で基礎知識を学びます。さらに、臨床医学各論Ⅰ・Ⅱでは臨床工学技士に必須である臨床医学について学んでいきます。

カリキュラム

●教養教育科目
英会話Ⅰ・Ⅱ/ドイツ語Ⅰ・Ⅱ/中国語Ⅰ・Ⅱ/韓国語Ⅰ・Ⅱ など
●共通専門科目
人間工学/臨床心理学/生活と健康
●専門基礎科目
生理学/臨床工学関係法規/生化学/看護学概論/交流電気回路/基礎電子回路/医用機械工学/電気工学実験/電子工学実験/プログラミング など
●専門科目
生体計測装置学/医用機器学Ⅰ・Ⅱ/生体物性論/臨床医学各論Ⅰ・Ⅱ
インタープロフェッショナル教育
チーム医療論Ⅰ

3年時

専門科目の修得
3年次は、1年次から2年次で学んできた医用工学系の基礎科目をもとに、生体機能代行装置学や臨床工学実験、医用治療機器学、医用機器安全管理学など臨床工学技士で特に必須となる専門科目を学習していきます。また、病理学、薬理学、免疫学、臨床医学各論など医学系の専門科目についても学んでいきます。

カリキュラム

●専門基礎科目
病理学/薬理学/免疫学/生体材料工学/医療情報システム/医療情報ネットワーク/制御工学概論など
●専門科目
医用治療機器学/生体機能代行装置学Ⅰ~Ⅳ/医用機器安全管理学/臨床医学各論Ⅲ~Ⅴ/臨床工学実験Ⅰ・Ⅱ など
インタープロフェッショナル教育
チーム医療論II

4年時

臨床実習と卒業研究
4年次前期に、学外での臨床実習を行います。臨床実習では大学病院などの大規模な医療施設などで学内で学んだ各種知識をもとに、臨床指導を受けます。また、通年では卒業研究を実施し、研究成果を報告します。総合チーム医療では少人数のグループに分かれ与えられた医療のテーマについて議論します。

カリキュラム

●共通専門科目
予防医学概論/国際保健学
●専門基礎科目
医療統計学
●専門科目
医用生体工学演習/医用治療機器学演習/医用機器安全管理学演習/臨床医学各論Ⅵ~Ⅷ/臨床工学実験Ⅲ・Ⅳ など
  • 臨床実習(学外実習)
  • 卒業研究
インタープロフェッショナル教育
総合チーム医療

在学生の声

在学生の声

大学案内
看護学科
放射線技術科学科
検査科学科
医療工学科
ページの先頭へ
大学案内
建学の精神とシンボルマーク
学長・副学長メッセージ
沿革
3つのポリシー
図書館
情報公開
学部・学科
看護学科
放射線技術科学科
検査科学科
医療工学科
就職・資格
就職支援
就職・国家試験実績
資格一覧
メッセージ
キャンパスライフ
キャンパスマップ
フロアガイド
年間行事
Q&A
在学生の声
学生寮
入試情報
入試概要
学費・奨学金
オープンキャンパス
進学説明会