4つの専門学科で医療をつなぐスペシャリストを育む保健医療学部

保健医療学部で目指すもの

国家資格の取得を目指す
看護師・保健師(選択制)、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士の各国家資格の取得が前提ですが、取得した資格を職業に活かす生き方を身につけた人材を育成します。
4学科合同・横断型カリキュラムの導入
従来の専門性を重視した縦断型カリキュラムから、職種の専門性を越えた横断型カリキュラムを導入し、専門職種間の連携や相互理解、協働の在り方を理解し、チーム医療に欠かせない知識・技術・態度を養います。
現代医療に対応できる能力を養成
最近の高度化、専門化、細分化した医療に対応するため、充実した教授陣とカリキュラムで、高い専門性と確かな技術を身につけ、責任と誇りを持って職務を遂行できる能力を養成します。

九州地区初の医療系4学科同時設置

医療系4学科を設置する本学部では、「チーム医療」に必要な力を身につけるカリキュラムを導入。高度な専門知識と技術を兼ね備えた人間性豊かな人材を育成します。将来はチーム医療に携わる一員として、連携を図りながら協力し、一人ひとりの患者さんへの良質で安全な医療を提供できるスペシャリストを目指します。

特色ある教育プログラム

チーム医療に活きる力を身につける「インタープロフェッショナル教育」
高度化・専門化が進む現在の医療現場では、“チーム医療”の必要性が叫ばれています。そこで本学が取り入れたのがインタープロフェッショナル(多職種連携)教育です。本学では、4学科合同・横断型カリキュラムを導入し、1年次から4年次まで段階的に学ぶことによって、各職種の専門性や役割について理解を深め、職種間の協力・協調の必要性を認識していきます。
チーム医療とは?
医師や看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士など、各分野の専門家が医療チームを編成し、連携を図りながら協力することで、一人ひとりの患者さんのために良質で安全な医療を提供する取り組みのことをいいます。
大学案内
看護学科
放射線技術科学科
検査科学科
医療工学科
ページの先頭へ
大学案内
建学の精神とシンボルマーク
学長・副学長メッセージ
沿革
3つのポリシー
図書館
情報公開
学部・学科
看護学科
放射線技術科学科
検査科学科
医療工学科
就職・資格
就職支援
就職・国家試験実績
資格一覧
メッセージ
キャンパスライフ
キャンパスマップ
フロアガイド
年間行事
Q&A
在校生の声
学生寮
入試情報
入試概要
学費・奨学金
オープンキャンパス
進学説明会