学長・副学長メッセージ

最先端の知識・技術と「気品」「知性」「奉仕」の精神を兼ね備えた医療職者を

純真学園大学 学長 福田庸之助


純真学園大学 学長
福田 庸之助

純真学園は、昭和31年の創設以来六十有余年の歴史を有しております。学園祖福田昌子は、ヒスタミンの研究により女性として当時最年少で医学博士となり、臨床の現場を経て、戦後は国政の場において、現在の臨床検査技師等に関する法律の前身である衛生検査技師法や優生保護法を議員立法するなど、医療・健康の分野において少なからぬ功績を残してまいりました。教育の現場に身を置いた後は、私学としては日本で最初の高等学校衛生看護科を設置し、また、メディカルエンジニアリング教育に関しても他に先駆けて取り組み、今日に至るまでその伝統は本学園の中に脈々と息づいております。

学園祖福田昌子の生誕百年を迎えるにあたり、本学園は平成23年4月より純真学園大学を新設し、看護学科、放射線技術科学科、検査科学科、医療工学科からなる保健医療学部を開設いたしました。医療が複雑化高度化し、チーム医療が重視される今日、優れた医療技術者の必要性はますます高まっております。私ども純真学園大学は、時代の要請にこたえ優れた医療技術者を育成するとともに、学園訓である「気品」「知性」「奉仕」を体現しうる人材の育成に取り組んでまいります。

純真学園大学の教育の特色は、専門性の追求と複眼的な視点の涵養にあります。すなわち、学科の専門的な知識を修得しつつ、医師や他の医療技術者の視点を学ぶことができるようなカリキュラムの工夫をしております。それはまた、良師良友との切磋琢磨の場にもなろうかと思います。福岡市内中心部に近く利便性に優れたキャンパスと充実した教育環境を持つ本学において自らの夢の実現のスタートを切っていただきたいと思います。

純真学園大学 副学長 加藤 亮二(医学博士)

純真学園大学は、福岡市の中心地“天神”から15分ときわめて好立地の筑紫丘に位置し、同じキャンパスに短期大学及び高等学校が併設されている総合学園となっています。創設者である福田昌子先生による建学の精神「気品」「知性」「奉仕」を学園訓とし、保健医療における高度な専門技能を有する人材育成を目指し、平成23年度に九州地区で初めての保健医療系4学科「看護学」「放射線技術科学」「検査科学」「医療工学」を有する学部として発足しました。

教育目標の一つとして、1年次から4年次まで段階的にインタープロフェッショナル(多職種連携)教育を行いますが、変革が著しい保健医療において、それぞれの資格の専門性を越えた横断型カリキュラムを導入。段階的に学び、修得することによりお互いの職種を理解し、チーム医療に必要な連携能力を身につけ、さらに、患者さんの立場に立った総合医療の実践が可能な人材育成を目指しております。また、学部教育では国家資格への合格はもちろんのこと、この分野における先端技術の修得、予防医学及び情報教育等を充実させ、九州地区を主とした地域医療への貢献ができる人材の輩出へ取り組んでまいります。

大学案内
建学の精神とシンボルマーク
学長・副学長メッセージ
沿革
3つのポリシー
図書館
情報公開
ページの先頭へ
大学案内
建学の精神とシンボルマーク
学長・副学長メッセージ
沿革
3つのポリシー
図書館
情報公開
学部・学科
看護学科
放射線技術科学科
検査科学科
医療工学科
就職・資格
就職支援
就職・国家試験実績
資格一覧
メッセージ
キャンパスライフ
キャンパスマップ
フロアガイド
年間行事
Q&A
在校生の声
学生寮
入試情報
入試概要
学費・奨学金
オープンキャンパス
進学説明会