金 珍澤(キム ジンテ)

プロフィール

氏名 金 珍澤
カナ キム ジンテ
所属 放射線技術科学科
職位 助教
学位・学歴 博士(薬学:九州大学)

専門・研究内容

専攻・分野 放射性薬品化学、腫瘍免疫学
研究テーマ 新規核医学診断プローブの開発、新規がん抗原の探索
担当科目 放射線計測学、放射線物理学演習、国際保健学

メッセージ

大学の4年間は長いようで短く、その後の人生を大きく左右する大事な時期でもあります。また、大学時代ほど人生の中で自由に好奇心の赴くままに学業に専念できる時期はありません。

マザー・テレサの名言を一つ紹介します。
「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」

先ずは思考して言葉にし、行動に移さないことには何も始まりません。
夢は叶えるためにあるのです。ただ想い描いているだけのものは妄想にすぎません。
目標を高く設定して、いろんなことに挑戦して下さい。

PR

【資格】
薬剤師、第1種放射線取扱主任者
【主要論文】
1. Yamada T, Azuma K, Muta E, Kim J., Sugawara S, Zhang GL, Matsueda S, Kasama-Kawaguchi Y, Yamashita Y, Yamashita T, Nishio K, Itoh K, Hoshino T, Sasada T., EGFR T790M Mutation as a Possible Target for Immunotherapy; Identification of HLA-A*0201-Restricted T Cell Epitopes Derived from the EGFR T790M Mutation, PLOS One. 8(11) :e78389. (2013).
2. Kim, J., Kino T., Kato H., Yamamoto F., Sano K., Mukai, T. & Maeda, M. 5-O-(4-[125I]Iodobenzyl)-L-ascorbic Acid: Electrophilic Radioiodination and Biodistribution in Mice. Chem. Pharm. Bull. (Tokyo) 60(2), 235-40. (2012).
3. Kim, J., Yamamoto, F., Gondo, S., Yanase, T., Mukai, T. & Maeda, M. 6-Deoxy-6-[131I]iodo-L-ascorbic acid for the in vivo study of ascorbate: autoradiography, biodistribution in normal and hypolipidemic rats, and in tumor-bearing nude mice. Biol.Pharm.Bull. 32, 1906-1911 (2009).
4. Kim, J., Yamamoto, F., Karasawa, S., Mukai, T. & Maeda, M. Radiosynthesis and preliminary biodistribution in mice of 6-deoxy-6-[131I]iodo-L-ascorbic acid. J. Labelled Compd. Radiopharm., 52, 366-371 (2009).
5. Kim, J., Yamamoto, F., Kuwabara, K., Honda, H., Mukai, T. & Maeda, M. 6-[18F]Fluoro-Dehydroascorbic Acid: Synthesis and Tissue Distribution in Mice. Radioisotopes 58, 47-55 (2009).