井手口 忠光(イデグチ タダミツ)

プロフィール

氏名 井手口 忠光
カナ イデグチ タダミツ
所属 放射線技術科学科
職位 教授
学位・学歴 博士(工学:九州大学工学府)

専門・研究内容

専攻・分野 医用画像工学・医用画像情報工学・放射線検査技術学など
研究テーマ デジタル医用画像の画質評価、モニタ診断における病巣検出能向上
担当科目 医用画像工学・医用画像情報工学・放射線技術学概論・文献講読など

メッセージ

診療放射線技師が社会に貢献できることは、多方面におよびます。病院では画像検査の専門家として、高度先端医療機器(CTやMRIなど)を使い、診断しやすい画像を医師に提供することで早期発見、早期治療に貢献しています。またITを駆使した高度放射線治療により、がん治療の一役も担っています。 先の福島における原発事故においては、住民の被ばく調査や、地域環境汚染調査などいち早く取り組み、住民の皆様にも放射線の専門家として貢献してきました。4年間、純真学園で学び、是非、患者さんから、地域の方々から、そして社会から必要とされ感謝される人となれるよう、共に学んで行きましょう。

PR

所属学会
日本放射線技術学会,日本診療放射線技師会,医用画像情報学会
社会貢献
日本放射線技術学会 九州部会・副部会長, 医用画像情報学会 常務理事
著書
放射線画像の形成過程と物理特性 メディカルトリビューン 2013,
医用画像解析ハンドブック オーム社 2012 ,
医用画像検査技術学-改訂3版 南山堂 2008
論文
医用画像における画質評価の役割 日本医用画像工学会誌 2011
A New CR System with Pixel Size of 50μm for Digital Mammography PhysicalImaging Properties and Detection of Subtle Microcalcifications: Radiation Medicine Vol.22 2004
資格
診療放射線技師免許,第一種放射線取扱主任者免状