中村 康寛(ナカムラ ヤスヒロ)

プロフィール

氏名 中村 康寛
カナ ナカムラ ヤスヒロ
所属 医療工学科
職位 特任教授
学位・学歴 博士(医学:久留米大学医学研究科)

専門・研究内容

専攻・分野 人体病理学、特に発育期脳病理・神経幹細胞の研究、診療情報管理、診療報酬請求事務、医療経営に関する教育
研究テーマ 周産期病理、脳神経病理、診療情報学及び医療経営学
担当科目 形態機能学(看護学科)、臨床病態学(看護学科)、臨床医学各論Ⅰ,Ⅷ (医療工学科)、病理学(看護学科、医療(放射線技術科学科)

メッセージ

医療専門職はチーム医療の一員として患者さんの診断、治療にあたるのみでなく、患者さんのQOLを考えた医療を目指す必要があり、また医療制度等、現在の医療が抱える諸問題にも対処する必要がある。そのためには専門的知識のみではなく、コミュニケーション能力を含めた幅広い知識、実践力を身に着けるべきだと思います。4年間の大学生活で、その基礎づくりに精をだしてください。

PR

所属学会
日本病理学会、日本臨床細胞学会、日本臨床検査医会等
資格
病理専門医、細胞診専門医、臨床検査専門医、診療情報管理士、医療経営士2級、診療報酬請求事務能力検定試験合格、ケアマネージャー、ECFMG取得、染色体マスター等
主な業績
1.Human pulmonary hypoplasia. Statistical, morphological, morphometric, and biochemical study. (Arch Pathol Lab Med 116;635-642,1992)
2.Inhibition of fatty acid oxidation by 3-mercaptopropionic acid produces features of Reye's syndrome in perfused rat liver.(Gastroenterology 107;517-524,1994)
3.Expression and distribution of CD9 in myelin of the central and peripheral nervous systems.(Am J Pathol 149;575-583,1996)
4.Requirement of CD9 on the egg plasma membrane for fertilization.(Science 287;321-324,2000)
5.Expression of tubulin beta II in neural stem/progenitor cells and radial fibers during human fetal brain development.(Lab Invest 83;479-489,2003)
6.A Novel Marker for Purkinje Cells, KIAA0864 Protein. An Analysis Based on a Monoclonal Antibody HFB-16 in Developing Human Cerebellum. (J Histochem Cytochem 53;423-430,2005)
7.D2-40 antibody immunoreactivity in developing human brain, brain tumors and cultured neural cells.(Modern Pathol 19;974-985,2006)
8.Expression KIAA0864 protein in neuroepithelial tumors: an analysisi based on the presence of monoclonal antibody HFB-16.(J Neurooncol 89;151-158, 2008)
9.ABCB1 ls Predominantly expressed in human fetal neural stem/progenitor cells at an early development stage. (Journal of Neuroscience Research 87;2615-2623, 2009)
10.YB-1 bridges neural stem cells and brain-tumor initiating cells via its roles in differentiation and cell growth.(Cancer Research 15; 5569-78, 2011)