立石 多貴子(タテイシ タキコ)

プロフィール

氏名 立石 多貴子
カナ タテイシ タキコ
所属 検査科学科
職位 助教
学位・学歴 修士 (医科学:熊本大学医学教育部)
博士 (保健学:九州大学医学系学府在学中)

専門・研究内容

専攻・分野 臨床化学検査学
研究テーマ 生体試料におけるバイオマーカーの測定法開発・改良と臨床応用
担当科目 臨床化学検査学実習、検査機器論、臨床検査体験演習、生化学実習など

メッセージ

私は「温故知新」という言葉を大事にしています。「温故知新」を広辞苑で探ってみると昔の物事を研究し、吟味してそこから新しい知識や見解を得ることと書いてあります。

臨床検査の世界も温故知新であり、先輩が構築された古い臨床検査の知識を十分に吟味し、新しい知識を得ていくことにより成長することができると思います。私自身、苦労を重ねて勉強や研究に励み、新しい知識を得た時に感じる何とも言えない心地いい達成感を味わいたくて臨床検査技師として仕事をしています。

大学では多くの科目を学び、多くの課題をこなさなければならないため苦労も多く、先が見えずに不安になる時もあるかと思います。しかし、これは検査結果の向こうにいらっしゃる患者様の生命を支える重要な仕事に就く証なのだと解釈できます。

本学において先生や先輩、他学科の学生など、たくさんの方とお話しながら知識を吸収し、考え、日々成長してください。苦労した分、新しい知識を得た時の何とも言えない心地いい達成感を是非味わって欲しいと思います。また、一緒に学んでいる友達も一生の大切な宝物になると思います。たくさんの友達を作って頑張ってください。

PR

所属学会
日本臨床衛生検査技師会、生物試料分析科学会、日本臨床化学会、日本臨床検査医学会、日本静脈経腸栄養学会、日本臨床検査自動化学会、日本食品安全協会、日本未病システム学会
社会活動
生物試料分析科学会理事
著書・論文
①Masaru Akimoto, Eisaku Hokazono, Eri Ohta, Takiko Tateishi, Yuzo Kayamori:Highly sensitive reversed-phase high-performance liquid chromatography assay for the detection of Tamm-Horsfall protein in human urine, Annals of Clinical Biochemistry 53, 75-84, 2016.
②Eri Ohta, Eisaku Hokazono, Takiko Tateishi, Miki Kawano, Yuzo Kayamori:Development of an enzymatic assay for ethanolamine in plasma,Int J Anal Bio-Sci 4, 110-116, 2016.
資格
臨床検査技師、分析機器・試薬アナリスト、認定臨床化学者、栄養サポートチーム (NST) 専門療法士、健康食品管理士